大事に使っていこう

>

何を心がければ良いのか

料理が終わったらすぐ洗う

お気に入りの鍋やフライパンを使っている人は、それらをずっと使い続けられるように工夫してください。
雑に扱っていると、汚れがこびりついて焦げ付きやすくなります。
それでは上手に料理できないので、買い替えるしかありません。
何度も台所用品を買い替えていると、無駄な出費に繋がります。
毎日丁寧に扱って、お手入れをしていれば長く使えるので実行しましょう。

鍋やフライパンは、汚れたらすぐ洗うことで綺麗になります。
汚れを、放置しないことを心がけてください。
しかし油など頑固な汚れは、すぐ洗っても落とせないことがあります。
その際は、20分ほどお湯に浸けるのがおすすめの方法です。
すると汚れが浮き上がって、簡単に落とせます。

スポンジを活用しよう

タワシを使って、鍋やフライパンを洗っている人が見られます。
しかし固いタワシは、傷つける可能性があるので使わないでください。
傷つくと、その中にバイ菌や汚れが入り込んでしまいます。
奥まで入ったら、簡単には落とせなくなるでしょう。
鍋やフライパンを洗う際は、柔らかいスポンジを使うのがおすすめです。
またスポンジを使っている場合でも、強い力を入れることは控えてください。

力加減によっては、スポンジを使っていたとしても鍋やフライパンが傷ついてしまいます。
傷つけないように、食材を炒める時は菜箸やシリコン製のフライ返しを使いましょう。
プラスチックや金属のフライ返しでは、底を傷つけてコーティングが剥がれてしまうかもしれません。


この記事をシェアする