大事に使っていこう

台所用品を長持ちさせるための簡単お手入れ法

何を心がければ良いのか

食材を煮たり、炒めたりする時に鍋やフライパンを活用します。 作り終わってお皿に盛りつけたら、すぐ洗うのが正しいお手入れになります。 汚れを放置していると、沈着して落とせなくなるかもしれません。 毎日すぐ洗うことを実行していれば、綺麗な状態がこの先もずっと続きます。

毎日使っている包丁

ほとんどの人は、包丁を毎日使っているはずです。 たくさん使えばそれだけ消耗するので、研ぎ方を学んでください。 気づくと包丁の切れ味が悪くなっているかもしれませんが、砥石などを使って研ぐことで復活させられます。 それが、包丁を長持ちさせる工夫に繋がります。

雑菌が繁殖しやすい道具

まな板も、包丁と同じように料理に欠かせない存在です。 台所用品の中でも、特に雑菌が付着しやすいと言われるのでしっかりお手入れを行ってください。 使い終わったら洗って、よく乾かすことが大事です。 雑菌は濡れている環境を好み、生息するので注意しましょう。

使い終わった鍋やフライパン

鍋やフライパンは、料理に欠かせない存在です。
それらを大事に使うために、使ったらすぐ洗うことを意識してください。
汚れが残っている状態を放置していると、こびりついて落とせなくなってしまいます。
落とせないと、そのまま諦めてしまう人がいるでしょう。
ですが汚れが付いている鍋やフライパンを使うと、食材が焦げ付きやすくなるのでメリットはありません。
すぐ洗うことを意識すれば、ずっと綺麗な状態を維持できます。
また、柔らかいスポンジで優しく扱ってください。

包丁を使って、野菜や肉などを食べやすい大きさに切ります。
それも適切なお手入れ方法があるので、覚えてください。
毎日使っていると、いずれ包丁の切れ味が悪くなります。
そのままでは料理を進めにくいですし、無理に食材を切ろうとすると間違って指を切る可能性があるので非常に危険です。
包丁を長持ちさせるためにも、定期的に研いでください。
砥石を用意するのも良いですが、自宅にあるものでも研げます。

食材を切る時に欠かせないもう1つの台所用品が、まな板です。
まな板に汚れや雑菌が付着していると、食材にくっついて人間の体内に入りこんでしまうことがあるので注意してください。
洗ったら、よく乾かしましょう。
濡れた状態を放置していると、カビや雑菌が繁殖する原因になります。
食材を切った面だけ洗っている人が見られますが、横や裏面にも汚れが付着しているかもしれません。
全ての面をしっかり洗うことが、正しいまな板のお手入れになります。

おすすめリンク

コーヒーマシンのメンテナンスは自分でできる?

コーヒーマシンのメンテナンスは業者に任せなくても大丈夫?自分でできるメンテナンス方法

超音波洗浄機を持つ歯科医院

超音波洗浄機はどこでもあるのでしょうか。とくに洗浄に力を入れている歯科医院をご紹介します。

即日対応!仙台のエアコンクリーニング業者

仙台で即日対応してもらえるエアコンクリーニング業者を紹介します。急ぎの時など便利です。